建売住宅とは?意味や分譲住宅との違い、メリット・デメリットを解説
#家のコト

建売住宅とは?意味や分譲住宅との違い、メリット・デメリットを解説

住宅の購入を検討するなかで、建売住宅がどのような住宅なのか気になる方も多いのではないでしょうか。 大切なマイホームの購入に失敗しないためにも、選択肢のひとつである建売住宅について理解しておくことが大切です。 そこで本記事では、建売住宅とは何か、その特徴をメリット・デメリットを含めて詳しく解説します。 よく比較される分譲住宅・注文住宅との違いや、建売住宅が向いている方の特徴も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

SHIRO新規分譲地情報のご案内

現在分譲エリア拡大中です。
いち早くSHIROの分譲地情報が欲しい方はこちらよりご登録ください。

速報を受け取る

建売住宅とは土地とセットで購入できる住宅

建売(たてうり)住宅とは、土地と建物をセットで購入できる住宅です。
建物の広さや間取りなどはあらかじめ決まっており、買主は土地と建物の両方の条件を確認して希望に合う住宅を購入します。
なお、建売住宅は、建物が完成した状態で販売される場合と、建物が未完成の段階から販売される場合の2パターンがあります。
未完成の場合は先に購入手続きを済ませ、工事が終わり次第引き渡しを受けるのが一般的な流れです。

建売住宅と分譲住宅・注文住宅の違い

建売住宅とよく比較されるものとして、分譲住宅や注文住宅が挙げられます。それぞれの違いを見ていきましょう。

分譲住宅との違い

分譲住宅は、建売住宅の一種です。建売住宅のうち、分譲地に建てられたものを分譲住宅と呼びます
分譲地とは、不動産会社が一度まとまった広さの土地を購入し、計画的に分割してから再び販売する土地のこと。個別の土地に建てる一般的な建売住宅と比べると、分譲住宅は複数の住宅をまとめて計画して建てるため、統一性のある街並みになる特徴があります。
実態としては建売住宅と分譲住宅は明確に使い分けられていません。不動産会社でもほとんど同じ意味で使われるケースが多いです。

注文住宅との違い

注文住宅とは、買主が希望する間取りや部材を選んで建物を注文し、施工会社が注文どおりに建てる住宅です。
建売住宅との違いは、建築中もしくは完成した住宅を購入するか、購入申し込みをしてから住宅を建て始めるかという点です。
建売住宅はレディメイド(既製品)、注文住宅はオーダーメイド(受注生産品)とイメージするとわかりやすいでしょう。
また、注文住宅は建物のみで土地は含まれていません。土地を所有していない場合は、別に土地を購入してから住宅を建てる必要があります。

建売住宅のメリット5つ

建売住宅のメリットは、以下の5点です。

  1. 住宅の完成形を確認・納得したうえで購入できる
  2. 住宅の計画にかかる時間や手間・コストを省ける
  3. 建築のプロが設計した無駄のない住宅
  4. 新築住宅をリーズナブルに購入できる
  5. 資金計画を立てやすい

順番に詳しく解説します。

メリット1:住宅の完成形を確認・納得したうえで購入できる

建売住宅はあらかじめ間取りや仕様などが決まっており、住宅の完成形がわかりやすい点がメリットです。
注文住宅はゼロから計画して作られます。打ち合わせを進めるうちに設備などの部分的な内容を意識するあまり、住宅の全体像を見失うことも少なくありません。
また、実物を確認できないため、図面やサンプルなどから想像したイメージと完成形にギャップがあり後悔する方もいます。
一方、建売住宅は実物を見てから購入するかどうかを決められます。
完成前の物件を購入する場合もよく似た条件の住宅を見学できる場合が多く、実際に歩いて動線を体感することも可能です。暮らしのイメージを描きやすく、納得したうえで住宅を購入できるでしょう。

メリット2:住宅の計画にかかる時間や手間・コストを省ける

建売住宅を購入する場合は、土地探しや間取りや設備を決めるための打ち合わせが不要です。そのため、家探しを始めてから早ければ1ヵ月ほどでマイホームに住み始めることも可能です。
子どもの進学や転勤のタイミングに合わせたいなど、希望する時期に合わせてスムーズに購入手続きを進められます。また、賃貸の退去時期と新居への入居時期を調整しやすいため、家賃とローンの二重払いも防げるでしょう。
一方、注文住宅の打ち合わせは一般的に3ヵ月〜6ヵ月ほどかかり、工事期間を含めると入居するまでに1年以上かかるケースも少なくありません。
建売住宅は、注文住宅よりも時間や手間やコストをかけずにマイホームを購入できる点がメリットです。

メリット3:建築のプロが設計した無駄のない住宅

建売住宅は、建築のプロが豊富な知識や経験に基づいて設計しています。そのため、多くの方にとって使いやすい無駄のない住宅である点がメリットです。
例えば、扉の開閉の向きや収納の大きさ、生活動線などプロにしか気づけないポイントに配慮して設計されており、住み始めてから不便だと感じる場面は少ないでしょう。
また、建売住宅はスタンダードな屋根材や外壁などを使用するため、年数が経過しても時代遅れのデザインになりにくい利点もあります。

メリット4:新築住宅をリーズナブルに購入できる

建売住宅は、コストを抑えて施工できるメリットがあります。コストを抑えられる要因としては、以下のような点が挙げられます。

  • 複数の住宅をまとめて施工し、資材の運搬や職人の配置などを効率化できる
  • 間取りや使用する建材などをパターン化し、計画や申請手続きの手間を省ける
  • 工事の時期を調整しやすく、繁忙期を避けて資材などを安く仕入れられる

そのため、設備のグレードや間取りなどが同じような条件の場合は、注文住宅より建売住宅の方がリーズナブルに購入できるでしょう。

メリット5:資金計画を立てやすい

建売住宅は、住宅の購入価格や支払い手続きがわかりやすいのが特徴です。
注文住宅は手付金、中間金、最終残金のように複数回に分けて代金を支払う必要があり、さらに土地も購入するため手続きが複雑になりやすいです。
一方、建売住宅では建物と土地をまとめて購入できるため、打ち合わせのたびに、コストが大きく変わるというリスクもなく、手付金と残金の支払いのシンプルな手続きで済みます。
注文住宅のように打ち合わせなどで大きく変わるリスクもなく、資金計画を立てやすい点がメリットです。
また、住宅ローンの借り入れや、補助金申請時なども図面などの必要な資料がすぐに揃うため、スムーズに審査を進められるでしょう。

建売住宅のデメリット3つ

建売住宅には多くのメリットがありますが、以下のデメリットもあります。

  1. デザインの自由度が低い
  2. 希望の立地や間取りの住宅を探す手間がかかる
  3. 類似した外観の住宅が多い

購入してから後悔しないために、事前にデメリットも把握しておきましょう。

デメリット1:デザインの自由度が低い

建売住宅は、すでに決まった間取りや設備の住宅のなかから選んで購入する必要があります。多少設備などを選べるケースもありますが、ほとんどの場合は変更できません。
また、住人がわからない状況で設計するため、建売住宅の多くは無難な間取りやインテリアで構成されています
購入者の意思を自由に反映できる注文住宅に比べると、デザインの自由度が低い点がデメリットです。

デメリット2:希望の立地や間取りの住宅を探す手間がかかる

建売住宅は土地と建物がセットで販売されるため、両方の条件を確認しながら物件を探さなければいけません
希望の立地エリアに好みの間取りの物件がなかったり、間取りは好みなものの駅から遠かったりと、物件探しに時間がかかりやすい点がデメリットです。
また、良いと思った物件が先に売れてしまう可能性もあります。理想の物件を逃さないためには、物件情報サイトに希望条件を登録して間取りなどの希望条件を明確にして新着通知が来るようにしておくなど、情報をいち早く手に入れる体制を整えておく必要があるでしょう。

デメリット3:類似した外観の住宅が多い

建売住宅は多くの人が好むスタンダードな建材などを採用するため、似たような外観になりやすい特徴があります。
個性的なマイホームにしたい方は、注文住宅で自由にデザインする方が良いでしょう。
ただし、周囲から浮いてしまうような外観にすると街並みを壊す可能性が高く、近隣トラブルに発展する恐れがあります。
長く住み続けることを考えると、建売住宅のように街並みや近隣住宅とのバランスに配慮したシンプルな外観がおすすめです。

建売住宅をおすすめできる人・おすすめできない人

ここまでご紹介した建売住宅のメリットやデメリットを踏まえ、建売住宅をおすすめできる人とおすすめできない人を解説します。
建売住宅を購入するかどうか迷っているなら、ぜひ参考にしてください。

建売住宅をおすすめできる人

建売住宅をおすすめできるのは、以下のような人です。

  • プロが設計したシンプルで効率的な住宅を購入したい人
  • 実物を確認してから住宅を購入したい人
  • コストを抑えてマイホームを手に入れたい人
  • 明確な入居希望時期が決まっている人
  • 選択肢が多い状況が苦手な人

プロが設計した住宅を実際に確認したうえで購入したいなら、ぜひ建売住宅を検討してみてください。
特に、デザインへのこだわりよりも費用面や入居時期などの条件を重視するなら、注文住宅よりも建売住宅が向いているでしょう。
また、注文住宅は自由にデザインできる反面、決めるべきことが多いため人によっては負担に感じることがあります。
建売住宅は条件に合う物件のなかから選べるため、決断力に自信がない方でも選びやすいでしょう。

建売住宅をおすすめできない人

建売住宅をおすすめできないのは、以下のような人です。

  • 個性的な住宅を建てたい人
  • 建売住宅では実現できないこだわりがある人
  • すでに土地を所有している人

他の住宅と差別化を図りたい方やデザインなどにこだわりがあるなら、希望に合う建売住宅を探すよりも注文住宅を建てた方が満足できる可能性が高いです。
断熱性や耐震性などの建物の躯体に関わる部分にこだわりたい場合も、基本仕様が決まっている建売住宅より注文住宅の方がおすすめです。
また、建売住宅は土地と建物をセットで販売しているため、すでに土地を所有している場合は注文住宅を建てましょう。
なお、具体的な好みの建売住宅がある場合は、建売住宅を取り扱う建築会社に相談してみてください。注文住宅を扱う系列会社などを紹介してもらえば、希望のイメージが伝わりやすく、スムーズに打ち合わせを進められます。

建売住宅を選ぶ際の3つのチェックポイント

建売住宅を購入する際は、間取りや立地だけではなく以下3つのポイントもチェックしてから選びましょう。

  1. 住宅の設備などがどこまで費用に含まれているか
  2. アフターサービス保証が充実しているか
  3. 信頼できる建築会社・不動産会社か

順番に詳しく解説します。

住宅の設備などがどこまで費用に含まれているか

建売住宅の価格を比較する際は、提示された価格の内訳を確認しましょう。というのも、建築会社によって設備などをどこまで標準価格に含めるかが異なり、単純に額面だけで比較できない場合があるためです。
例えば、照明やカーテンレール、エアコンなどをオプションとして費用に含めていなかったり、契約時の手数料を別途請求したりすることがあります。
最初に提示された金額に加えて高額な追加費用が必要になり、住み始めてからローンの返済負担が大きくなり後悔する方も少なくありません。
実際に支払う金額を確認してから購入する建売住宅を選ぶことをおすすめします。

アフターサービス保証が充実しているか

建売住宅に不具合が発生した際に困らないように、契約書などでアフターサービス保証の内容を確認しておきましょう。
新築住宅の主なアフターサービス保証には、以下のものが挙げられます。

長期保証制度

引き渡し後一定の期間に不具合があった場合に、無償もしくは割安で補修を受けられる制度

定期点検サービス

引き渡し後に数年単位で外壁や屋根などの点検を実施するサービス

トラブル対応窓口

急な雨漏りなどのトラブルが発生した際の問い合わせ窓口

なお、アフターサービス保証の有無や内容を書面で提示しない建築会社もあります。
アフターサービスの記載がなくても対応してもらえるケースは多いですが、購入前に過去の対応事例などを担当者に確認しておきましょう。
引き渡し後に連絡が取れなくなる建築会社もゼロではないため、少なくとも連絡窓口は必ず確認しておいてください。

信頼できる建築会社・不動産会社か

注文住宅では設計内容や工事の様子を確認できる機会がありますが、建売住宅はほぼ内容が確定した段階や完成した段階で住宅を購入します。
そのため、建売住宅の質は施工した建築会社や取り扱う不動産会社の質で見極めるしかありません。
例えば、以下の4点をチェックしてみましょう。

  • 会社の口コミ・評判は問題ないか
  • 建売住宅の販売実績は豊富か
  • 担当者のやり取りの様子や態度は信頼できそうか
  • 説明資料や見積書・契約書の内容に不備はないか

なお、「こんな建売住宅は買うな」といわれる物件の特徴については、以下の記事で詳しく解説しています。あわせて参考にしてみてください。

安心のデザイン建売住宅ならハウスドゥのSHIRO

画像出典:SHIRO

建売住宅ブランドSHIROは、東証プライム上場企業のハウスドゥグループが提供する安心のデザイン住宅です。
不動産売買やリフォームなど住宅事業を幅広く手がけて培ったノウハウを活かし、質の高い建売住宅を提供しています。
シンプルさと余白のあるデザインを追求しているため、建売住宅ながら好みの空間を作り上げる楽しみを感じられる点が特徴です。
定期メンテナンスや最長20年の地盤品質保証など引き渡し後のサポートも充実しており、安心して住み続けられるマイホームを購入できます。ぜひ一度ご検討ください。

まとめ:建売住宅の特徴を知って理想の家を手に入れよう

建売住宅は、あらかじめ間取りや設備などの内容が決まった建物を土地とセットで購入する住宅です。ゼロから計画する注文住宅に比べて、リーズナブルかつ短い期間で、スマートにマイホームを手に入れられます。
また、建築のプロによる無駄のない設計で、実物を確認してから購入できるため、住み始めてからイメージとのギャップが生まれにくいでしょう。
ただし、建売住宅はスタンダードなデザインのため、他の住宅と差別化したい方や特別なこだわりがある方にはあまり向きません。注文住宅の方が向いているでしょう。
建売住宅を選ぶ際は、間取りや立地だけではなく費用の内訳やアフターサービス保証の内容を細部まで確認しておくことが大切です。
建売住宅の品質や住んでからの満足度は建築会社に左右される部分が大きいため、信頼できる会社を見つけましょう。

SHIRO新規分譲地情報のご案内

現在分譲エリア拡大中です。
いち早くSHIROの分譲地情報が欲しい方はこちらよりご登録ください。

速報を受け取る

KEYWORDS

  • #建売住宅・分譲住宅
  • #住宅購入

RECOMMEND

関連記事

  1. TOP>
  2. COLUMN>
  3. 家のコト>
  4. 建売住宅とは?意味や分譲住宅との違い、メリット・デメリットを解説>